IP Management news

改正意匠法が成立!主な改正ポイントを説明します。

2019年06月05日

改正意匠法が参院本会議で可決、成立しました。改正項目は多岐
にわたりますが、ここでは主なポイントについて取り上げます。

(1)保護対象の拡充
物品に記録・表示されていない画像や建築物の外観・内装のデザ
インを新たに意匠法の保護対象とします。
具体的には、物品に記録されていないクラウド上に保存されてネ
ットワーク経由で表示される画像(例:乗換ガイダンスサイトを画
面に表示し、そこに表示されている画像)や、壁・道路等に映写さ
れる画像なども保護対象とします。
建築物の内装については、1意匠1出願の原則の例外として、家
具や什器等の複数の物品等の組合せや配置、壁や床等の装飾等によ
り構成される内装が、全体として統一的な美感を起こさせるような
場合に限り、1意匠として意匠登録を認めます。

(2)関連意匠制度の見直し
・関連意匠の出願可能期間を本意匠の登録の公表日まで(8か月程
度)から、本意匠の出願日から10年以内までに延長します。
・関連意匠にのみ類似する意匠の登録を認めます。
本改正により、長期間にわたって少しずつ製品をモデルチェンジ
していく場合などに、その一連のシリーズを保護することが可能に
なります。
ただし、本意匠の出願日から10年経過前であっても、本意匠が
既に消滅している場合には、関連意匠の出願は認められません。
また、他人が実施等して公知になった意匠と類似していれば、そ
の関連意匠の出願は拒絶されます。

(3)意匠権の存続期間の延長
「登録日から20年」から「出願日から25年」に延長。

(4)意匠登録出願手続の簡素化
・複数の意匠の一括出願を認めます。
・物品の名称を柔軟に記載できることとするため、物品の区分を廃
止します。
意匠の国際登録に関するハーグ協定に基づく意匠の国際登録制度
では、複数意匠の一括出願が認められており、国内出願についても
1つの願書で複数の意匠の出願を認めます。
しかし、1つの意匠ごとに1つの意匠権を発生させる原則は維持
し、実体審査や意匠登録は現行と同じく意匠ごとに行います。

◇主なポイント◇
①画像デザインの保護
・操作画像や表示画像について、画像が物品に記録・表示されてい
るかどうかにかかわらず保護対象とする
・壁や道路等に映写される画像なども保護対象
②空間デザインの保護
現行法の保護対象である物品(動産)に加え、建築物(不動産)の
外観や内装も保護対象
③関連意匠制度の拡充
・関連意匠の出願可能期間を本意匠の出願日から10年以内までに
延長
・関連意匠にのみ類似する意匠の登録を認める
④意匠権の存続期間の延長
「登録日から20年」から「出願日から25年」に延長
⑤複数意匠一括出願の導入
1つの願書で複数の意匠の出願を認める

以上です。

外国特許・意匠・商標制度セミナー(大阪発明協会)

車両電動化関連技術の特許実施権を無償提供(トヨタ自動車)

「ティーコーヒー」の類似性認めず(大阪地裁)

新旧の元号の商標登録は原則不可 商標審査基準を改訂

日本の会社、シンガポール「ティラミスヒーロー」の類似ロゴを商標登録

世界の特許出願件数が過去最高の317万件、中国が4割超える

人型ロボット「Pepper」が立体商標に(ソフトバンクロボティクス)

知財セミナー「知財トラブルを未然に防ぐ方法」(新潟商工会議所)

ステーキ専門店「いきなり!ステーキ」のシステムは発明で保護される!(知財高裁判決)

実践社長塾(神戸市産業振興財団主催)セミナー

「知的財産ドラマ~社長、初めての特許~」の動画配信(日本弁理士会)

知財権侵害で輸入差止、五輪グッズの商標権侵害が増加(財務省)

審査請求料、特許料等を1/3に軽減(特許庁)

商標登録出願の分割要件を強化(改正商標法)

外国特許・意匠・商標制度セミナー終了(大阪発明協会)

「醤油卓上瓶」が立体商標に登録(キッコーマン)

MBS"ちちんぷいぷい"でコメントが紹介されました(「そだねー」商標登録出願)

人気ゲームめぐり任天堂がコロプラを提訴(東京地裁)

地域団体商標のマーク作成(特許庁)

マンガで知財の歴史を紹介

中小企業の軽減制度を大幅見直し(特許庁)

世界の特許出願、中国が6年連続で1位

営業秘密管理規定、中小企業の67%が未整備(INPIT)

新規性喪失の例外期間を12月に延長(特許庁)

中小の特許取得費用を半額に(特許庁)

中小企業の知財戦略=特許出願などに対する助成制度=

中小企業の知財戦略=営業秘密、先使用権での保護(2)=

中小企業の知財戦略=特許出願での保護、営業秘密での保護=

中小企業の知財戦略=発明の発掘=

中小企業の知財戦略=特許取得が中小企業の経営に果たす役割=

中小企業の知財戦略(大企業よりも中小企業の方が特許の意義が大きい!?)

経済産業省「秘密情報の保護ハンドブックのてびき」を公表

米国特許セミナー【平成28年11月17日(木)】

知財よもやま話「ノンアルコールビール訴訟」

知的財産権基礎講座<国際出願編> 質問回答

知財よもやま話「フランク三浦事件」(MBS「ちちんぷいぷい」出演)

米国弁護士による知財セミナー開催

知財よもやま話「ジェネリック家具」(MBS「VOICE」コメント紹介)

必聴!弁護士・弁理士・税理士・社労士による合同セミナーのご案内

大阪発明協会主催「国際出願の基礎知識」セミナー

新しいタイプの商標の保護制度がスタート(音、色彩、動き、位置、ホログラム)

知財経営のススメ「技術ブランディング」

「知財経営診断サービス」を開始しました

当事務所パンフレット類が完成しました

知財よもやま話「丸正餃子事件 和解にて決着」(MBS「ちちんぷいぷい」コメント紹介)

知財よもやま話(トヨタ自動車が燃料電池車関連の特許を無償提供)

国際税務法務研究会「アジア諸国への進出の手法」(シンガポール編)

「知財戦略の攻めと守り(中級編)」(京都市・京都発明協会主催)

7月10日(水)知財経営セミナー開催"『知財戦略』が日本のものづくり企業を革新する!"

「知的財産の"裏技"を知って明日から試してみたくなる」セミナー

海外展開関連知財施策普及 /啓発キャラバン「海外における商標の落とし穴」

日本食品・バイト知的財産権センターにて講演

知財経営塾 開催【11月17日~全4回】

経営力強化セミナー「『特許情報』が中小企業の技術開発を変える!」を開催(大阪産業創造館主催)

ものづくり企業のための知的財産セミナー(堺市産業振興センター主催)

企業経営啓発セミナー「『特許情報』が中小企業の製品開発を変える!」を開催【平成23年7月7日(木)】

「知財」を「経営」に活かす知財経営塾~少人数制 実践講座~

8月20日 知財経営セミナー(産業創造館主催)のお知らせ

知財経営セミナー終了

知財経営セミナーを開催します【平成22年7月7日(水)】

知財経営総研サイトリニューアルしました

totop